会員の皆様へ

環境保全事業協同組合

 0120-331-559

info@kankyohozen-coop.jp

営業時間:【平日】9:00-18:00
【土日祝】9:00-17:00

福岡市・明石市で発生した陥没事故から見る
地盤改良の重要性

 平成28年11月8日に福岡市のJR博多駅前の市道で大規模な陥没事故が起こりました。 福岡市では平成26年10月27日にも、市道が近隣のたて 坑内への土砂流出によって陥没するという同様の事故が起こっています。福岡市交通局建設課の見解では、陥没原因は「立坑(土砂を防ぐ工事用の防壁)に土が流れ込んだこと」「地盤改良が不十分であったこと」などが原因として挙げられています。  また、平成28年11月9日にはJR明石駅の歩道の地下でも、深さ約0.9メートル、幅約0.9メートル、長さ約1メートルの空洞が発見されました。陥没の危険があるとして、土のうや砕石で仮復旧するとともに、周辺に異常がないかレーダー探査機を使っての点検が進められています。

 こうした、地盤に問題があることが原因で起こる被害は、建物を強化するだけでは防ぐことはできません。 建物自体を重視して工事を行うことは重要ですが、建物を支える地盤や基礎の状態がしっかりしていなければ、大きな被害を受けることになります。

 そこで、当組合では、独自の工法により「土の再利用」「地盤の強化」に取り組んでいます。 当組合の地盤・土壌改良は、セメント系固化材を使用せず、主成分が自然土で人体に影響がない自然土壌改良材やペーパースラッジ系固化材を使用しています。保水性・透水性に優れているため、舗装面の温度の上昇を抑制し、水たまりの発生も防ぎます。また、土も硬化していますので、土砂の流出を防ぐことができ、強固な地盤を作ることができます。

 建物だけではなく、地盤も強固にしていくことで、お客様がより安心して生活をしていくことができる環境づくりを今後も続けていきたいと考えております。


排水設備調査における当組合の取り組み

  現在、自治体から委託を受けているかのように装い、排水設備の工事を勧誘し、契約を強要する事例が新聞・テレビ等でも報道されています。
 当組合は上記の様な勧誘は一切行っておらず、会員様や会員様の紹介があれば、無料や安価で洗浄を行っております。軽微な補修であれば無償で行っていますし、同時に交換・修理の案内も行っていますので、依頼があればそれに伴う工事も有料で承っています。

 当組合が無料で洗浄できる理由は、洗浄作業を通じて組合の作業を見てもらい、その上でお客様に安心していただければ、来年・再来年に住宅メンテナンスに関するご依頼をいただけるきっかけになると考えているからです。 今後も会員様の頼りになる存在であり続けることを目標として、取り組みを継続していく所存です。


現在当組合で力を入れている取り組み

排水設備調査を通しての地域貢献

現在環境保全事業協同組合では、地域貢献の一環として排水設備の現状調査を行っています。
排水設備は普段手入れをする機会の少ない箇所ですが、メンテナンスを行わず異常があるにも関わらず放置してしまった場合、 家庭内だけでなく周辺地域の衛生環境をも脅かす可能性があります。
様々な理由で排水設備の異常が放置され、汚水による土壌汚染や害虫の大量発生などが起こっているのが現状です。
そこで、当組合では排水設備の現状調査を行い、地域環境向上の一助となる為の取り組みを始めました。
調査した内容は詳しく報告させて頂き、メンテナンスをする為に必要な作業内容のアドバイスや、ニーズに応じて業者の紹介、見積書の作成等も行っています。この取り組みは当組合の宣伝・PRを兼ねていますので、調査費用に関しては頂いておりません。尚、簡単な補修や清掃に関しましても費用は頂いておりません。
調査をさせて頂く際は、取り組みの趣旨や作業の内容を詳しく説明させて頂き、ご理解頂いた上で調査を行っています。
現在、お客様からは高い評価をいただいており、当組合の名前を知って頂く良い機会となっています。
地域に貢献する為の新しいスタイルの1つとして、今後も取り組みを続けていく所存です。
これからもより快適な地域社会を実現したいという考えは変えず活動行っていきます。


更新履歴